ホーム  >  火災保険は必ず加入しなければだめ?

 

入居者さんは万一自分の家財が火事や爆発・盗難などによって被害にあった際に保険に入っていれば加入している保険の範囲で保険金が出ます。
また賃貸物件の場合、入居者さんの過失により物件などを燃やしてしまった場合大家さんから高額な請求を受けることになります。
それに備え「借家人賠償責任保険」も含まれます。
また共同住宅などで階下に漏水事故やガス爆発を起こして近隣に迷惑をかけた場合の補償に「個人賠償責任保険」などもあります。
それに備え加入していただきます。
賃貸物件向けの火災保険の種類は家財・火災のセットで加入していただくのでケースが一般的です。
補償内容については家財保証に対して200万円~500万円。入居者賠償・個人賠償責任保証に対して2,000万円前後が目安です。
2年間の賃貸借契約に合せて火災保険も2年契約の一括払いで掛け金は12,000円~20,000円です。
保険加入は必ずしも強制ではありませんが、当社鈴幸ハウスの取り扱い保険は住宅総合保険で単なる火災だけでは無く階下の水漏れ、対人、対物に対しての賠償(自動車事故以外)家財の賠償、24時間緊急対応(鍵の紛失、排水漏れ)などのサービスもセットになっておりますので安心の為、皆様にはお勧めし加入して頂いております。

 

Q&A TOPへ戻る

ページトップへ