ホーム  >  保証人は誰にすればいいの?

 

気に入った賃貸住宅に住みたいと思っても自分1人だけでは借りることができません。ほとんどの賃貸住宅で入居する際に同居人以外の連帯保証人が必要になります契約者になんらかの事情があったときに変わりに責任を負うのが連帯保証人です。
例えば、賃借人が家賃を払えなくなったとか、突然いなくなってしまったなど、大家さんにとって困ったことが起こったときに、連帯保証人が変わりに家賃を払ったり、荷物を引き取ったりしなければなりません。
入居者と連帯して責任をとるという、重要な責務を負い入居審査時には重要視されます。
一般的には収入の有る親族の方にお願いしております。どうしても親族に連帯保証人がいない場合は、個別に貸主との相談になりますが保証会社を利用するケースもあります。保証会社とは一定額の保証料を支払うことで連帯保証人になってもらうというものです。規定の審査が必須となります。
当社が提携している保証会社はエポスカード・日本セーフティになります。

 

Q&A TOPへ戻る

ページトップへ