ホーム  >  定期借家とは何ですか?

 

賃貸契約の期間がきたら契約終了します。ただし、更新はできませんが、借主、貸主双方の同意があれば、再契約を結ぶことができます。さらに、通常の賃貸契約では契約期間が2年であるのが一般的ですが、定期借家制度では、この契約期間を自由に定めることができます。3ヶ月の場合もあったり、1年の場合もあったり、10年の場合もあります。
大家さんは、賃貸借契約の終了時期が確実にわかり、収益見通しが明確になるため、より合理的な賃貸住宅経営が可能となります。
借り主は、定期借家制度が普及することにより、持家の賃貸化や、多様な賃貸住宅の供給が促進され、借りる方のライフステージ・ライフスタイルに応じた多様な選択肢が提供されるなどの効果が期待されています。賃料は相場より若干安目の設定です。

 

Q&A TOPへ戻る

ページトップへ