ホーム  >  徒歩 何分ってちゃんと合ってるの?

 

生活に便利な施設へのアクセスの良さをアピールする表記ですが、よく考えてみると、

1分間に歩ける距離は人によって違うので「徒歩○分」の基準は何なのでしょうか?
実は不動産業界には「道路距離80メートルを歩くのに要する時間を1分とする」という明確な規定があるのです。
徒歩の表示には明確な規定があります。この場合において、1分未満の端数が生じたときは1分として計算すること
これに基づくと、駅前の建物で、徒歩10秒で行ける物件でも、徒歩1分と表示しなければならなくなります。
歩く速度は人によってさまざまですが1分で80m進むには、1秒間に約1.33m進まないといけません時速では4.8キロです。
「徒歩○分」の表記は、あくまでも目安としてとらえたほうが無難でしょう。
なぜなら、この場合の所要時間は道路距離を単純に80メートルで割って算出しているもので、途中の坂道や

歩道橋、信号や踏切の有無は考慮されていないからです。
また、同じ800メートルの距離でも天候や歩道の状態、歩く人の年齢によって所要時間が変わります。
たとえば健康な大人なら10分で歩ける距離でも、子供やお年寄りには15分かかる可能性も十分考えられます。
お部屋の選びでは、実際に自分の足で現地まで行ってみることが肝心です。
できれば家族全員で、時間帯や曜日をずらして駅から物件まで歩いてみると安心ですね。
意外な近道で、時間短縮出来る事もあります。

 

Q&A TOPへ戻る

ページトップへ